【受付時間】平日・土日祝9:00〜20:00 083-921-6377 【受付時間】平日・土日祝9:00〜20:00 083-921-6377 お問い合わせフォームはこちら

山口離婚相談は弁護士法人牛見総合法律事務所へ

離婚による子どもへの影響と対処方法について

離婚するときには、子どもへの影響も考えながら進める必要があります。
両親の離婚は子どもにとっては人生にかかわる一大事ですし、両親の離婚が原因で深く傷つく子どもも少なくありません。ときには一生引きずってしまうケースもあります。小さな子どもでも、両親の離婚に勘づいて心身の発達に影響が出る可能性があります。

今回は両親の離婚による子どもへの影響と、子どもに配慮した離婚方法について、山口の弁護士が解説します(なお、山口家庭裁判所作成の「お子さんに配慮した話合いに向けて」を参考にしています)

 

1.両親の離婚による子どもへの影響と対処方法

両親の離婚により子どもにどのような影響が及ぶのか、またその対処方法について、子どもの年齢ごとにご紹介します。

1-1.新生児~1歳半

子どもへの影響
子どもが新生児や1歳などであっても、両親が離婚することによる影響を受ける可能性があります。
たとえば子どもに以下のような行動や反応がみられるケースがあります。

  • 親の感情、環境の変化に敏感に反応する
  • ミルクを飲まなくなる
  • 夜泣きが酷くなる
  • むずかる
  • 排せつが乱れる

 

対処方法
対処としては、自分(母親あるいは父親)と子どもの生活リズムを整え、精神の安定を維持することが大切です。
子育てや離婚問題を全部一人で抱え込もうとせず、必要に応じて周囲のサポートを受けましょう。
 

1-2.1歳半から3歳程度

子どもへの影響
1歳半から3歳程度の子どもの場合、両親の離婚による変化を察知すると以下のような反応を示すケースがあります。

  • 赤ちゃん返りする
  • よく泣くようになる
  • かんしゃくを起こす
  • おねしょが増える、復活する
  • 腹痛、食欲不振が出る

 

対処方法
子どもに温かく対応することが大切です。子どもが泣いたりかんしゃくを起こしたりしてイライラしても、親自身が感情的に怒ってはなりません。
また子どもが言葉を話せる年齢になっていたら、自分の欲求を言葉にさせると気持ちを落ち着かせやすくなります。
 

1-3.3歳から6歳程度

子どもへの影響
小学校に上がる前、幼稚園くらいの年齢の子どもの場合、片親と離れて暮らすことに悲しみや寂しさを感じます。行動として、以下のようなものがみられます。

  • 赤ちゃん返り
  • 「良い子」として完肇に振る舞おうとする
  • 両親の間をとりもとうとする
  • 「離婚は自分のせい」と思い込み、自分を責める

 

対処方法
このくらいの年齢の子どもには「離婚はあなたのせいじゃない」ことをきちんと説明して自分を責めさせないことが大切です。
また、親が子どもと積極的にかかわる時間をとり、子どもが「捨てられた」という意識を持たせないようにしましょう。
子どもが赤ちゃん返りなどをしたときにも、しっかり受け止めてあげましょう。

 

1-4.小学校低学年

子どもへの影響
小学校の1~3年生くらいの子どもは、両親の離婚によって以下のような反応を示すことがあります。

  • 両親の離婚を自分のせいであると感じ、自分を責める
  • 勉強や運動など、すべてに対し積極的に取り組み頑張ろうとする
  • しっかりしているように振る舞う
  • 思い悩み、意欲が低下する
  • 気分の変化が激しくなる
  • 体調が変化しやすくなる

 

対処方法
このくらいの子どもに両親の諍いを見せると強く不安感を煽ってしまうので、なるべく争いごとを見せないように注意しましょう。
また、離婚が子どものせいではないことを話し聞かせて理解させる必要があります。
心身の状態が不安定になる可能性があるので、学校とも相談をして保健室などの逃げ場所を作ってもらうことも検討しましょう。
 

1-5.小学校高学年

子どもへの影響
小学校4~6年生などの高学年になってくると、以下のような反応を示すことがあります。

  • 不満や怒りの感情を持つ
  • 両親の離婚を「恥ずかしい」と思う
  • 怒りの気持ちを抱く
  • 一緒に暮らす親に結びつきを感じ、離れて暮らす親に拒否感や敵意を持つ
  • 父母の板挟みになって双方の顔色をうかがう

 

対処方法
離婚の際には相手に腹を立てることも多々ありますが、このくらいの年齢の子どもに相手の悪口を言ってはいけません。
子どもにとって半身である相手親を否定されるのは辛いことですが、親がそのように言っていると子どもまでつられて拒否感を持ってしまい、一生引きずるケースなどもあります。
面会交流などによって両親が子どもを関わり続け、双方が子どもを愛していると伝えるのが好ましい対応です。
 

1-6.中学生以降

子どもへの影響
子どもが中学生、高校生になると離婚の意味を正確に理解できますし、精神的にも親から自立していきます。
一方「自分がしっかりしないと」と思い詰める子どももいます。
具体的には以下のような反応を示すケースがよくあります。

  • 親と距離を取り、友人付き合いが中心となる
  • 親を支えようとする
  • 親の価値観を否定し、反発する
  • 非行に走る、早熟な行動を取る

 

親子けんかをしたときに、子どもが「お父さんと暮らす」などと言って家を出ようとすることもあります。
それまで同居親が別居親との連絡を管理していたケースでも、子どもが自分で電話やメールなどで別居親と連絡をとる機会が増えてきます。

対処方法
このくらいの年齢の子どもは、外目には随分しっかりして自分の考えを持っているように見えます。
また親を支えようとするタイプの子どももいるので、親が意識せずに子どもに頼ってしまうケースもあります。
しかし、子どもは子どもであり、本当に親に頼られると負担を感じるものです。
親は子どもに相談などをせず、あくまで親として振る舞いましょう。

また、子どもが親に反抗的になって腹の立つことを言ってきたり価値観を否定してきたりしたとき、親としては感情的にならずに対応することが大切です。

子どもが非行に走ったり早熟した行動をとったりしたときには、無碍に子どもを否定するのではなく、しっかり向き合いましょう。
手に余るときには、一人で抱え込まずに必要なサポートを受けることをお勧めします。

子どもが「お父さんと住みたい」などと言い出したとき、一時の感情によるものであり実際にはさほど真剣に考えていない場合もよくあります。
また本当に相手宅で暮らすなら、学校や生活環境の問題も含め、相手も交えてきちんと話し合わねばなりません。
子どもの表面的な言葉を鵜呑みにせずに、親として一貫したしつけや対応をしましょう。
 

まとめ

子どもがいる夫婦が離婚するときには、子どもの発達段階に応じた心身への配慮が必要です。
また親自身へのサポートが必要であるケースもあります。
離婚や子どもの問題はお一人で抱え込まず、学校や行政、カウンセラーや弁護士などの各専門家に相談しながら解決していきましょう。

弁護士法人牛見総合法律事務所
〒753-0074
山口県山口市中央5-2-34 セントラルビル5階

まずはお気軽にお問い合わせください TEL:083-921-6377 受付時間:9:00〜20:00(平日・土日祝) まずはお気軽にお問い合わせください TEL:083-921-6377 受付時間:9:00〜20:00(平日・土日祝)

お問い合わせフォームはこちら

▲ページトップへ